ノラや

昨日のたまのドラムの絵は、本当はこの記事でつかう予定でした。


阿房列車で有名な内田百閒の『ノラや』を読みました

ノラ失踪するの早いな

香箱って何だろう

 

 

全50文字

 

f:id:machigaeta:20181001000619j:plain

twitterでやれ

 

 

やはり意味不明の度合いが強いように思われて、昨日の記事になりました。

↓この動画3分10秒~15秒くらいが私の意図したところでして



 

面白いかどうかは別にして、今後も

f:id:machigaeta:20181001000619j:plain

twitterに言及するたびに使っていこうと思います。もっとも私は

f:id:machigaeta:20181001000619j:plain

twitter自体やっていないので、これが最後かも知れません。

 

 


ノラや』の作者、内田百閒は夏目漱石の弟子で、黒澤明の「まあだだよ」の題材にもなった人です。人類で最初に、目的もなく列車に乗ったことで有名な作家です。

第一阿房列車 (新潮文庫)

第一阿房列車 (新潮文庫)

 
ノラや (中公文庫)

ノラや (中公文庫)

 

ノラや』は乱暴に言うとペットロスの話です。百閒の愛猫ノラが作中で失踪することは、文庫の裏表紙にも書いてあります。だからネタバレでないということにします。

この本は、小説新潮上の百閒の連載「百鬼園随筆」をあとからまとめたものです。なので、非常に猫っぽく、愛らしく描写さていたれたノラが、はやばやと失踪するのは事実の通りで、その後の猫探しも、猫の合間の続・阿房列車も、おそらく事実の時系列どおりの話です。

ところで作中に「香箱」という、私の知らない言葉が出てきました。まず失踪前のノラが、その箱で何かをしていました。しかし箱の種類が物語上重要とも思われないので、そのまま読み進めていたら、2度3度と出てきました。ノラの後に来たクルツという猫は、ちゃぶ台の下で「知らん顔をして香箱を造ってゐる」(中公文庫207頁最後)そうで、すわ化け猫かというところですから、さすがに「香箱」を調べました。

香箱座り - Wikipedia

香箱座り(こうばこずわり)は、ネコの座法の一種。「箱座り」「香箱を組む」「香箱を作る」などとも呼ばれる。

ただつくばっているだけでなく、「前脚を胸毛の奥(内側)へ折り曲げている場合のみ」を定義対象とする説もある。

あの座り方に名前があるなんて知りませんでした。こう↓いうことですね。

f:id:machigaeta:20181002184918j:plain

ビオランテ - Wikipedia