命短し恋せよ乙女


genjitsutouhisha.hatenablog.com

以前の記事で書いた、別の背景というのがこの絵です。

 

f:id:machigaeta:20200914222338j:plain

と言っても、
genjitsutouhisha.hatenablog.com

これの流用ですね。

 哀しみの余部鉄橋ということで、不穏な感じを醸そうとして、意味不明な所に着地しました。人物が手前側を向いているのがまず変ですね。

f:id:machigaeta:20200914235730j:plain

逆を向かせても変

なにが「命短し恋せよ乙女」なのかというと、この人物は「生きる」の志村喬がなんとなくのモデルなんです。命短し~は劇中で志村喬が口ずさんだ歌です。つまりこの場面には希望もあるんです。絵には出てないけど。私は不穏な感じが好きじゃないんです。

 

命短し恋せよ乙女繋がりで、石川啄木の『一握の砂』にはこんな歌が載ってます。

 

高きより飛び降りるごとき心もて この一生を 終わるすべなきか

ないですね。

そういう風に生きられたら確かにいいけど、そんな術がないから歌として成立するのかもしれませんね。

ありますかね。