狐面の狐

変なタイトルと変なアイキャッチ画像で、PV数は伸びるだろうか。変なのはいつものことか。「きつねづら」ではなく「きつねめん」ですよ。

 CLIPSTUDIOを触るようになってから、ときどきPixiv( https://www.pixiv.net/)を見ている。Pixivは自作の絵をアップロードできる交流サイトで、いろんな絵がある。私は風景の絵をよく見る。人気の作品は、景色の中の人物もしっかり描かれている。点景であっても人物は物語を想像させる。そしてまた前回の続き

f:id:machigaeta:20200714132917j:plain

genjitsutouhisha.hatenablog.com

このイラストの人物が周りから浮いて見えるのは、手に持っているピコピコハンマーのせいだけではないだろう。絵全体が見上げる視点で、垂直のパースを掛けているのに、人物はそれを無視して描いてしまった。どういう姿にしようか考えていたが、見え方を忘れていた。またしても軽いだまし絵になった。

 

ということで、人物を直そう。今回は制作過程を上げて文字数を稼ごう。

f:id:machigaeta:20200714105556j:plain

CLIPSTUDIOを含め、だいたいの画像編集ソフトのキャンバスは、レイヤーという層構造を持っていて、基本的に描画はこのレイヤーに対して行う。今回人物は、他とは別のレイヤーに描いたので、作業に邪魔なレイヤーを隠すと、画面は人物だけになる。

f:id:machigaeta:20200714105655j:plain

↓が作業画面。レイヤーはこのウィンドウで操作する。

f:id:machigaeta:20200714105839j:plain

各レイヤーには自由に名前がつけられる。上から二番目、「狐」というのが、人物のいるレイヤーだ。狐人間にする予定があった。

当初、神社には狐面の人物が合うという貧困な発想から始まった。そこから狐面を被った狐という安易なキャラクターが誕生したが、面を描いたとしても小さくて見えない。面から覗く狐の顔とか、尻尾とかつけたら要素が多すぎる。なので、ピコピコハンマーを持った女性に落ち着いた。ピコピコハンマーはいいと思う。深刻さに対するキャンセリング効果が強い。東京地検特捜部とかにも持っていてほしい。

 

現在の人物を拡大。これが新しい人物の原型になる。この上から描いていくが、着物の質感とか、うまくいった点もあるので、残せる所はそのまま残したい。

f:id:machigaeta:20200714112620j:plain

新しいレイヤーを載せて下書きする。

f:id:machigaeta:20200714113110j:plain

思いきり拡大したら、案外描きやすいので、どうせなら狐面をかぶせよう。

体のラインは服で消えるからおおよそでいい。

f:id:machigaeta:20200714113739j:plain

f:id:machigaeta:20200714113831j:plain

ちょっと逞しすぎる。親方感が強い。

f:id:machigaeta:20200714113934j:plain

身体を女性的に、狐面はすこし間抜けな感じがいい。

f:id:machigaeta:20200714114238j:plain

完成。原型は跡形もなかった。つま先があおり視点になってないけど、縮小して絵に入れるので、ざっくりでいい。

 

 

これを配置

 f:id:machigaeta:20200714132448j:plain
大きさと位置を調整して

f:id:machigaeta:20200714132606j:plain

完成。変だ

f:id:machigaeta:20200714132739j:plain

 二刀流。変だ

 

絵画のジャンル

 

genjitsutouhisha.hatenablog.com

 

f:id:machigaeta:20200713162800j:plain

水面難しい

 

現在のように、画家が自由に絵を描くようになる前、絵画のジャンルは明確でした。宗教画、歴史画、人物画、風俗画、風景画。美術史を紐解くと、画家が画工であった時代には、教会や有力貴族が大口の顧客であり、世に出る絵の大半は、彼らの望む宗教画や歴史画、肖像画でした。市民階級の台頭によって、風俗画や風景画が見られるようになりますが、宗教画や歴史画を絵画の一級とする風潮は長く続いたそうです。

 

人間は何でも区分けするのが好きなようで、ジャンルは当然音楽にもあります。私はフォークソングが好きでした。あえて言わなかったけど、さだまさしの歌が好きです。リアルタイム世代ではないので、彼の政治的スタンスは知りません。ただその詩とかメロディとか、おそらく歌声が好きなのです。友人がミスチルとか洋楽とかを聴き始めた頃、ベストアルバムを買いました。それから2010年くらいまでは、さだまさししか聴いていないというほど聴いていました。

有名どころでは、「主人公」「風に立つライオン」「道化師のソネット」「長崎小夜曲」、もの悲しい「黄昏迄」「遠い祭り」「冬物語」意外に激しい「修二会」「月食」「天空の村に月が降る」意外に明るい「絵はがき坂」「坂のある町」「その橋を渡るとき」「二軍選手」などは特によく聴きました。


さだまさし - 主人公


今夜も生でさだまさし 「その橋を渡る時」


さだまさし 天空の村に月が降る

 

そんなさだまさしに「水底の町」という曲があります。さだの多くの歌と同じで、歌詞は小説のようです。主人公はダムに沈んだ故郷を思っています。

 
水底の町

 これで冒頭のイラストにつながります。あの絵はこの歌から来ています。宗教画が聖書の一場面を描くように、さだまさしの歌の場面を描いた、「さだまさし画」という新ジャンルです。冗談です。

 

f:id:machigaeta:20200713162800j:plain

水面というより盆提灯みたいだな

村の掟

先日、「にほんブログ村」に登録しました

ブログランキング・にほんブログ村へ ←これです。

これで、私のブログも、ブログ村ポータルサイトhttps://blogmura.com/に更新情報が表示されるようになりました。とっくに使っておられる方も居られると思いますが、にほんブログ村は、はてなブログアメブロといった運営会社の垣根を越えて、ブロガーが集まるポータルサイトです。現在20億人くらいが利用しています。それは嘘ですが今までより多くのユーザーの目に新着記事情報が届くので、PV数の上昇が期待できます。参考までに私のブログの実績でPV上昇は0%です。

 

今回、ブログ村への登録から、ポータルサイトに私の新着記事情報が表示されるまでに、いくつか関門がありましたので、今後の情報共有と文字数稼ぎのために書き留めておきます。(私もgoogleで調べて解決したので、検索すればここより詳細な情報が山ほどあります。)

まず、ブログ村は、ポータルサイトに新着記事の情報を表示するために、ユーザーから更新を知らせる情報を受けとらねばなりません。これに用いられるのがPing(ピン)です。エキサイトブログなどでは、これを自動的に処理してくれる仕組みがあるようですが、はてなブログは、現在のところ外部へのPing自動送信に対応していません。なのでブログ村に登録したはてなユーザーは、記事更新のつど、ブログ村ポータルサイトで「Ping代理送信」のボタンを押す必要があります。

ここまでは、ブログ村のサポートページに書かれています(https://blogmura-help.muragon.com/entry/150.html

しかし、Ping代理送信のボタンを何度押しても、私の更新記事は反映されませんでした。記事と呼ぶに値しないゴミ情報だと判断されたのなら、引き下がるしかありません。非常に優秀です。念のためにネット検索で見つかった対策を、いくつか実施してみましたが、変化はありませんでした。

問題が改善したきっかけは、ブログ村サポートへの問い合わせです。

「試せることを一通りやりましたが改善しません」と涙ながらに連絡して、1時間くらいして見たら改善していました。何らかの仕様のようです。

以上参考までに。

 

村っぽいイラストを描きました

f:id:machigaeta:20200711213911j:plain

村と言えばダムの底です

f:id:machigaeta:20200711213918j:plain
集光模様(曲がりくねった光の筋)が難しいです。

また次回から、このイラストを何度も再利用して記事を書きます(PVが増えない一因)。