現実逃避5.0

覆水盆に返らず

暁の中秋無月

昨日は満月でした。中秋の名月に満月が昇るのは8年ぶりなのだそうです。

ところで、さだまさしプラネタリウムという曲があります。「暁の中秋無月」という文句があるこの曲を思い出しましたので、忘れ去っていたさだまさし画※を再び描くことにします。

大塚愛より有名なこの曲、皆様ご存じとは思いますが、こんな歌詞です。

君の手に触れたときの プラネタリウムの空の色
暁の中秋無月 群青に流れる星の 2つ3つ
5億光年離れても 超新星残骸空に咲く花
ほら理(イデア)と情(パトス)の狭間で 二人の恋が揺れている
ジャスミンの花が咲いたよ
地中海のほとりで
自由のために命を投げ出す人がいる
ボクラハナニモノ

プラネタリウム」 さだまさし(抄)

素敵なメロディなんですが、youtubeに音源がないので、歌詞だけ載せました。

どんな絵が相応しいか考えると、この曲の世界は、題名の通りプラネタリウムのプログラムなんでしょうね。ただ聴いている私の脳裏にうかんだのは、ラオウでした。

f:id:machigaeta:20210922142256j:plain

北斗の拳は読んだことがありません。

さだまさし画―さだまさしの歌に題材を採った絵画。宗教画、歴史画などと同列。

イラスト 水土野の細川ガラシャ

f:id:machigaeta:20210922083359j:plain

先日の岩場スケッチの道すがら、audibleで三浦綾子さんの『細川ガラシャ夫人』を聴いていました。プロの朗読で本を聴く、という触れ込みのaudibleですが、本作は数人の声優さんたちに配役がされており、さながらラジオドラマのような風情で、なかなか引き込まれます。10時間以上かかって、ガラシャが洗礼を受ける場面まで来ました。audibleは、変動製造原価がほとんど掛からないデジタルデータのためか、かなりの頻度で値引きセールがあります。これもその時に買いました。

本作は、声優さんの演技力も手伝って、聴いていて涙ぐんでしまうようなエモーショナルな場面が沢山あります。まさしく大河ドラマです。が『塩狩峠』と同じように、三浦綾子さんの小説は、キリスト教徒の視点が強くて、私にはちょっとついて行けないところがあります。今のところ、やはり司馬遼太郎『胡桃に酒』のほうがずっと好きです。イラストは父・明智光秀の謀反のあと、水土野(みとの)という土地で隠遁生活を送ることを余儀なくされたガラシャが、手裏剣を投げている場面です。ありませんけどね。

genjitsutouhisha.hatenablog.com