伝わらないマンガの描き方

SEOを狙ったタイトルです。

今回の記事は、先日のマンガの修正版です。引き続き不謹慎な聖書ネタですので、そのおつもりで。

genjitsutouhisha.hatenablog.com

 

突然ですが、

間違い探し

下の2つのイラスト、違うところが一ヶ所あります。どこが違うでしょうか?

正解は 左端の人物の服の色です(正解を書くところが違う)

間違い探し画像

間違い探し画像2

②が先日の状態なのですが、2人の人物が同じような服(ベージュ)でした。これだと、もしかすると同一人物に見えてしまうかも知れません。

 

絵は一般的に、ある瞬間をとらえて描かれます。しかし「異時同図法」という画法では、複数の場面を1つの絵に描きます。ゆえに異時同図法の絵で同一人物が何度も登場し、絵の中で物語が語られます。

捨身飼虎図

この絵では、同じ人物が三度描かれています。釈迦が前世で、自ら虎の親子の餌になった、という絵です。(捨身飼虎図 玉虫厨子

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E8%99%AB%E5%8E%A8%E5%AD%90

 

つまり何が言いたいかというと、先日のイラストは紛らわしいので、人物の服の色を変えたということです。それだけ言えばすむことです。あのイラストは異時同図法ではなく、普通の、瞬間を切り取った絵です。どうでもいい絵ですが、漫画のカットなので、解りやすい方がいいでしょう。

水上歩行

 


漫画本体にも、少しわかりにくい所があったので、加筆しました。どうでしょうか

f:id:machigaeta:20171203221111j:plain

f:id:machigaeta:20171203221125j:plain

f:id:machigaeta:20200720151043j:plain

f:id:machigaeta:20200720151113j:plain

 

、、、まあ、宗教ネタなので少し解りにくい方が安全です。(私は宗教に敬意を持っていますよ)

 

今回3コマ目に、人物の足が水に着く瞬間を追加しました。

前回の記事では、人物が舟を降りてから、水上歩行するまでの流れが、解りにくかったと思います。見ようによっては、水に落ちたようにも見えました。それでは本来のオチが弱まってしまいます。修正して、多少ストーリー展開がスムーズになったのではないかと思います。多少。

genjitsutouhisha.hatenablog.com

 

 

 

まあ、こういう展開も悪くないですが。

f:id:machigaeta:20171203221111j:plain

f:id:machigaeta:20171203221125j:plain

f:id:machigaeta:20200720160343j:plain