船酔いと、八丈島のくさや

数年前のこと。
少し暇が出来て 
東京の離島、八丈島に行くことにした。

 

竹芝桟橋から、東海汽船さるびあ丸は夜の東京湾を悠然と進んだ。
懐かしの東京湾フェリーと同じだ。デッキに出れば海風が気持ちいい 

船が外洋に出たとき、乗船券に押されたスタンプの意味を知った。

f:id:machigaeta:20171002204119j:plain

 

「条件付運航

 目的地に到達できない場合もございます。」 

 

15分程度で、地面が死ぬほど揺れていないときの感覚は忘れた。

 

蟹工船』を書いた小林多喜二は、強靱な三半規管を持っていたのだろう。
今、せり上がってきている胃液をよそに、それ以外の何に関心が持てるだろうか。

 

今、私の人間性を全否定するような支配者が目の前にいても 
その人に、心から「殺してください」と言えるだろう。

f:id:machigaeta:20171002203350j:plain

じっとしていることが出来ず、ふらつき、さまよいながら食堂へ行った

「攻撃は最大の防御」
そんな言葉が頭を渦巻いた。
食堂の席に座る

つとめて一瞬、メニューに目を落とす。

すぐに彼方の海原を見る。

 

ピラフ

 

三文字が発せられる限界だった。
自殺行為だと言うことは解っている 
何かで気を紛らわせたい 
いや、早く楽になりたい。

 

程なくして厨房から「チン」という電子レンジのタイマーのような音がした。

しかし、私には質問をする余力など無かった。

f:id:machigaeta:20171002203703j:plain