俳画(納涼)

  昔ラジオから流れてきた、空飛ぶ山伏の怪談を憶えています。

深い山の避難小屋で、数人の山人が朝を待っていると、どこからともなく、シャン、シャン、シャンという山伏の持っている、あの錫杖(しゃくじょう)の音が近づいてきて、ドンドンドンドンと戸を叩く。

人ならぬその気配に、山人たちが息を殺していると、錫杖の音は屋根の上に舞い上がり、天井を、どーん、どーん、と飛び跳ねる。

 そんな話を聞いたのは、『山怪』という、山に暮らす人の不思議な話を纏めた本の特集番組であったと思います。

山怪 山人が語る不思議な話

山怪 山人が語る不思議な話

 

読んでない本を薦める(自由律)

空飛ぶ荒法師には、底知れない怖さとスター性を感じます。

 

時は流れて、昨年8月のある日、私は無謀な登山客として、旭岳の濃霧の中を一人歩いていました。

f:id:machigaeta:20180627223939j:plain

道中数回、霧の彼方に気配を感じることがありました。やっと人がいた!いや人か?もしや熊か?そのとき、脳裏をよぎったのは、あいつでした

 

f:id:machigaeta:20180628205829j:plain

ぬか喜びの寓意

なお霧は秋、登山は夏の季語らしいです。

 

来月また旭岳に行きます。