Google 6.15

6月15日 千葉県民の日

f:id:machigaeta:20180614201234j:plain

世界は灰になる。

 

 

 

 

加曽利貝塚 ver. ( 加曽利貝塚 - Wikipedia )

f:id:machigaeta:20180614204346j:plain

 骨肉の争い

 

 


  チーバくん という、千葉県の形をしたこのキャラクターは、いわゆる「ゆるキャラ」と言われる一群に属するご当地キャラクターです。

ところで、チーバくんは本当にゆるいキャラクターでしょうか?

 

いいえ。ゆるくなどありません。

赤いのですから。

彼の名前がてきとうに思えても、県の形をしていても、赤なので、ゆるくはありません。

 むしろ攻めているのです(その対立概念がゆるい、だとここでは勝手に定義します)。

 

犬のキャラクターを何色にしてはいけないでしょうか?

赤です。

 

小学校で犬の絵を描くとき、ある子の腕を握って制止した先生が、目を瞑ってゆっくりと首を左右に振る場合、その子の手には、何色のクレヨンが握られているべきでしょうか?

赤です。

 

根拠はありません。ただのわたしの印象です。

記憶をたどっても、ネットを検索しても、根拠は見あたらないのですが、彼の目の覚めるような赤が、何らかの禁忌に触れている気がして心がざわつくのです。

ネットをあたっていて見つけた、

千葉県公式HPのチーバくん紹介文によると、彼は、

千葉県に住む不思議ないきもの。
好奇心旺盛でいろいろなことに挑戦するのが大好き。
未知のものに立ち向かうときほど勇気と情熱がわき、
からだが赤く輝く。
食いしん坊でいたずら好きな面も。

とのこと。犬に似ている不思議ないきものは、

からだが赤く輝く。

光るそうです。

洋の東西を問わず、体が光るのは神性の顕現です。