TPP

先ほどから、私がさまよっているのは大雪山の麓の町東川。

旭岳の登山口が見つけられずにいる。

f:id:machigaeta:20180531001544j:plain

一年ぶりの旭岳登山となる今回は、前回のような悪天候に見舞われずにすんだが、

登る前から迷っているざまなのだ。

 

ようやくビジターセンターらしき建物を見つけた。

f:id:machigaeta:20180528223207j:plain

デッキにいたワイルドな感じのおっさんに尋ねた道を進む。

しばらく歩いて気づいたが、

私の手にビジターセンターからうっかり持ってきてしまったタオルが握られていた。

f:id:machigaeta:20180528223219j:plain

あそこはホテルだったのか。

 

やはり進めども進めども登山口はない

それどころか、先ほどの場所に戻っているではないか。

いつのまにか日も傾いた。

今日の山登りは無理だろうか

f:id:machigaeta:20180531001544j:plain

とりあえず、先ほどのホテルにタオルを返して、別の人に聞くとしよう。

 

しかし

そこには廃病院があった。

ビジターセンターと勘違いしていたホテルの場所にもどってきたのだが、目の前にあるのは、確かに、人っ子一人無く静まりかえった廃病院だ。

f:id:machigaeta:20180528223258j:plain

起きたことを理解できぬまま、足早にそこを離れた。

しばらく進むと公園があった。

公園にはまばらだが人影が見える。

 

ベンチに座り今起きたことを少しずつ整理する。

 

あの世とこの世、そんな単語は今考えたくないが、境界線が曖昧になっているとしたら、今目に映っているこの人達は、本当に存在しているのか。

私はもとの世界に戻れるのだろうか。

 

ふと、遊歩道に見覚えのある人影が、

f:id:machigaeta:20180530002750j:plain

あれは・・・つい声が出た 「タオパイパイ!」

f:id:machigaeta:20180528223319j:plain

「なぜわかったー!!」

f:id:machigaeta:20180528223328j:plain

かわしたところで目が覚めた。

 

 

以上が日曜日に見た夢の話です。

 

起きた瞬間、頭の中にTPPという言葉が単独でありました。

フロイト流に分析すると駄洒落です

f:id:machigaeta:20180528231020p:plain

約 2,500 件 (0.33 秒)

無意識の敗北

 

今年も大雪山に行く予定です。

それ以外にも、しばらく、やらねばならぬ事を優先する(してねえ)予定なので、ブログの更新頻度が低下すると思います。

 


5/31修正 してる場合じゃなかった。