ドライビングMissデイジー

先日、表題の映画を見ました。
以下の記事はネタバレを含みます。

 

ドライビングMissデイジー」(1989年 アメリカ制作)は、
1950年頃のアメリカ南部を舞台に、老齢の男女の、心の交流を描いた映画です。f:id:machigaeta:20180325153710j:plain

 冒頭、教師を引退した裕福なユダヤ人女性 デイジー(ジェシカ・タンディ)は、愛車のキャデラックをアクセルの踏み間違いから大破させてしまいます。

事故の後、息子の気遣いで、彼女の専属として雇われたのが、白髪頭の黒人運転手 ホーク(モーガン・フリーマン)でした。

誰もが認める頑固者のデイジーは、当然に息子のこの気遣いにも立腹します。
はじめはホークの運転する車に乗ることも拒絶していた彼女ですが、やがてホークの正直な人柄を信用し、彼を側に置くようになります。

プライドが高く、皮肉屋のデイジーが、はじめてその親愛の情を、素直な言葉でホークに打ち明けたのは、二人の出会いから15年以上の後。彼女が認知症を発した朝のことでした。


途中から私は、昨年亡くなった、北海道の祖父のことを思い出していました。

99歳まで生きた祖父は、はじめて見たときから白髪頭の老人でした。

 祖父が認知症だったと、はっきりとは聞いていませんが、散歩中に転倒し、自力で歩けなくなった数年前から、記憶が混乱することが次第に多くなっていたようです。

今 会いに行っても、私を孫だと解らないかもしれないと、聞かされて会いに行ったのが、生前の祖父との最期の対面になりました。

事実は、そのときも、それまでと変わらず祖父は、会うなり、私の赤ん坊の時からの呼び名で私を呼びました。しかし私は安堵感より、祖父と私の間にもう越えられない隔たりがあるように感じました。

祖父は戦前に職人となり、人生の多くの時間を商売人として過ごした人です。

あのとき私を呼んだ祖父は、初見の客人に掛けるべき呼び名を、事前に聞いて用意していた商売人ではなかったか。と今でも思うことがあります。

 

訃報を聞いて駆けつけたときの、死に装束の祖父の顔は、むくみからか、少し若く見えました。

幼い私を連れて、石狩川の堤防を歩いた頃の、元気で面白かった、「北海道のおじいちゃん」の顔でした。

人は、自分が作った他者の虚像しか見られないのでしょう。

 

f:id:machigaeta:20180325161151j:plain

石狩川

f:id:machigaeta:20180325161110j:plain

 (鳩)(無関係)

 

 

世界の虚像がゆらぎかけた朝に、
デイジーが初めて話した本音
「 あなたは1番の友達 」

 

―ヴァンダミングMissデイジー

f:id:machigaeta:20180326231525j:plain

これ(↑)が今日私が1番言いたかったことです。

 

ヴァンダミング・アクション という言葉があります。

俳優 ジャン=クロード・ヴァン・ダムが主演を努めるアクション映画を指すこの言葉は、2000年頃テレビ東京によって提唱された概念です。

 全ての映画はヴァンダミング・アクションと、非ヴァンダミング・アクションに分類されます。

ヴァンダミング・アクション ヴァンダミング・アクション
ダブル・インパクト(91)
ユニバーサル・ソルジャー(92)
ボディ・ターゲット(93)
ハード・ターゲット(93)
タイムコップ(94)
ストリートファイター(94)
サドン・デス(95)
マキシマム・リスク(96)
ダブルチーム(97)
ガンジー(82)

 他にも、黒澤明監督の「椿三十郎」や、以前記事にした「ニュー・シネマ・パラダイス」などが、非ヴァンダミング・アクションの代表格です。

 

今回の、「ヴァンダミングMissデイジー」は、
誰もがやがて直面する人生の課題を、
ユーモラスなタッチで描いた異色のヴァンダミング・アクションです。

 

 

※おまけ

今回、絵(JCVD)の資料を探していて見つけた、

「ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン」

期待値マイナス2万でしたが、凄く面白かった。

シーズン全話一気に観て休日の予定が飛びました

 

↓予告編(Amazonオリジナルビデオ作品)

www.youtube.com