阿弥陀聖 ※宗教ネタ

ゴトッ

「おしぼりとお冷やです」

「どうも」

 

「ご注文どうぞ」

 

「ナムル」

f:id:machigaeta:20180304191652j:plain

 

 

「以上でいいですか?」

 

「はい・・・ベジタリアンなので・・」

「はーい。おまちください」

・・・

・・・

「ナムルおまたせしましたー。」

「どうも」

・・・

f:id:machigaeta:20180304192030j:plain

 

 

 

空也上人立像。

運慶の子、康勝(こうしょう)の手になるこの像は、

念仏の一音一音が阿弥陀如来になったという、伝承そのままに彫られており、

教科書でもインパクト絶大です。

 

踊り念仏の開祖とされる、市聖(いちのひじり)、空也上人。

ミニマリズムの先駆的存在としても知られる空也上人の、終生の宝物は、

鹿の角の杖と毛皮です。

 

貴船の山で一人、山ごもりしていた上人に、唯一の心の支えだった鹿がありました。

ある日を境にぱったりと鹿の姿が見えなくなって、

心配している上人のところに、

一人の猟師が通りかかりました。

猟師の持っていた杖と毛皮は、あの鹿の変わり果てた姿に違いありませんでした。

上人は猟師に事情を話し、杖と毛皮を乞い求めました。

猟師は殺生を諫められて改心し、終生を空也の弟子として過ごしました。

 

私のような凡夫には、ただ猟師の身に起きた理不尽に落涙を禁じ得ない、その

杖も毛皮も、写実的に彫り抜かれた空也上人立像は、京都、六波羅蜜寺にあります。

 

 

教科書でこの像をはじめて見たときに、

とても面白いネタを思いついた記憶があるのですが、

思い出せません。

上に載せたものではありません。

 

 

f:id:machigaeta:20180304203014j:plain

昇龍拳

 

これでもない気がする。

とても面白かったはずなのですが、思い出せません。

 

 

南無阿弥陀仏