服を汚さないカレーうどんの食べ方。

お久しぶりです。


年明けから、ブログをそっちのけの仕事が
無事にうやむやの運びとなりまして、
今年初めての更新です。

久々の記事は、毛色をがらりとかえて、
ライフハック記事と致します。


かねてから、このブログに、検索サイトから来る人が、
とても少ないことには気づいていました。

この問題の要因として、記事のつまらなさという固定要素以外には、
各記事の文字数の少なさがある気がします。

 

なのでこれからの記事は、文章量を増やそうと思っています。

文字数稼ぎの前置きに別れを告げて、本題のライフハック記事に入ります

 

文明が産み落とした、
人類の手に余る発明品といえば「原子力」と「インターネッツ」と「カレーうどん」です。


というわけで
今回の記事のテーマは、服を汚さないカレーうどんの食べ方です。

 

今のは「オチ」ではなく、これから割とまじめな発見を、

お伝えします。どうかおつきあい下さい。

 

f:id:machigaeta:20180212202037j:plain

これカレーうどんです。・・・カレーうどんだと思って見て下さい。

 

f:id:machigaeta:20180212202049j:plain

カレーの出汁が絡んだ麺が・・・

 

f:id:machigaeta:20180212202058j:plain

落ちて、

 

f:id:machigaeta:20180212202107j:plain

汁が跳ねて、

これまで

何枚ものワイシャツが失われました。

 

私は、服を汚す汁が、ほぼ丼の

水面から跳ねていることに、ある日ようやく気がつきました。

f:id:machigaeta:20180212202116j:plain

ごらんのように、麺を引き上げた所から、

カレー汁は同心円状に飛び散るのです。(多分)

 

そこで、

f:id:machigaeta:20180212202124j:plain

レンゲです。

 

これで、下の絵のように、カレー汁の飛沫を、発生源でくい止めるのです。

f:id:machigaeta:20180212202138j:plain

(急に絵が白黒になったのは、力尽きたからです。)

跳ねたカレー汁は、直後にレンゲにあたって止まります。

服は汚れません。

この方法に気づいてから、カレー色のうどん生活です。

 

ただ、この方法では、自分の方向の飛沫しか防げません。

お連れ様や、相席の方の被害は防げません。

 

アウトレイジ系の方と相席になった時、

ライフハックを試みるべきできないことは言うまでもありません。

 

f:id:machigaeta:20180212202145j:plain

 

自己責任でお試し下さいませ。

それでは、また。