意思の力について

(食事前に読まないでください)

 


私の意識とは、自由意志とは何なのか。

 

有史以来、数多の人を悩ませてきた、この問題について、
九州から帰る列車の中で、私は深く考えていた。

 

数時間前にさかのぼる。

 

始発列車に間に合うように、朝食もとらずに、

九州某県庁所在地のビジネスホテルをチェックアウトした私は、
まだ薄暗い街路を一人、駅へと急いでいた。

 

先ほど、空腹を紛らわすために、
ミントのラムネを食べた。

あれがいけなかったのだろうか?
ミントの刺激は空きっ腹には強すぎたのか?
そんなことを考えながら。

 

妙に蛇行しつつ、私は駅のトイレに駆け込んだ。

個室は、空いていた。


一目散に、そのうちの一つへ入り、
ドアを閉めると同時にズボンを下ろした。

 

そのとき全てが終わった。

 

 


車窓に光が差し込み、列車は関門トンネルを抜けた。

 

あのとき、ドアを閉めたあの瞬間でも、まだ、
あと少しは持ちこたえられる感じだったのだ。
しかしそれは間違っていた。

 

駅までの道のりを内股で蛇行していた私は、
意志の力で耐えられているんだと思っていた。
それが完全な間違いだと今は解る。

 

今朝、私の身(実)に起きたことの全ては、筋肉の緊張と緩和と、
体の姿勢だけによって決まった。全てが必然の結果だった。
意思の介入する余地など、微塵もなかった。

 

 意思の力は幻想だった。


駅までの道のりも、ただ筋肉を緊張させていれば良かったのである。
そして、便座に座るために、しゃがむ姿勢をとった瞬間こそ、
筋肉の緊張を最大化させるべき瞬間であったのだ!

 

自由意志は虚構であった。

 

すべて、今となってはもう遅い。


人は運命には逆らえない。

 

日は高くなり、車窓に瀬戸の海が輝いていた。

 

f:id:machigaeta:20171005230253j:plain

なお、
幸か不幸か、問題は全て着衣の布の中に収まり、
布ごと厳重に密閉して処分した。
公共施設は無事である。