外で絵を描く

ボロボロの自転車でふらつきながら、

手に余る大荷物を持った男が、

早朝の公園に現れた。

 

彼はこけそうになりながら自転車を降り、

異様に大きく膨らんだリュックの中から、

古新聞をごっそり取り出すと、それを池のほとりに広げ、

その上に、これまたリュックから出した、

老人がゲートボール大会で使うような、

簡易的な椅子を置いた。

 

公園にお住まいの人か

 

そう思われながら、

私は椅子の横にイーゼルを立てて道具を広げ、

水辺の景色を下手な油絵に描き始めた。

f:id:machigaeta:20171003220433j:plain

時折通行人が遠巻きに見たり、横に立ったり、

近づいたり遠ざかったりする。

 

 

しかしその程度のことで恥ずかしがっていては、絵は上達しない。

30代で将来の夢があるなんて自分が怖すぎる。

完全に基地の外側の人材である。

今更何が恥ずかしいのか。

 

f:id:machigaeta:20171003220754j:plain

私の迷走は始まったばかりだ。