服を汚さないカレーうどんの食べ方。

お久しぶりです。


年明けから、ブログをそっちのけの仕事が
無事にうやむやの運びとなりまして、
今年初めての更新です。

久々の記事は、毛色をがらりとかえて、
ライフハック記事と致します。


かねてから、このブログに、検索サイトから来る人が、
とても少ないことには気づいていました。

この問題の要因として、記事のつまらなさという固定要素以外には、
各記事の文字数の少なさがある気がします。

 

なのでこれからの記事は、文章量を増やそうと思っています。

文字数稼ぎの前置きに別れを告げて、本題のライフハック記事に入ります

 

文明が産み落とした、
人類の手に余る発明品といえば「カレーうどん」と「原子力」です。


というわけで
今回の記事のテーマは、服を汚さないカレーうどんの食べ方です。

 

今のは「オチ」ではなく、これから割とまじめな発見を、

お伝えします。どうかおつきあい下さい。

 

f:id:machigaeta:20180212202037j:plain

これカレーうどんです。・・・カレーうどんだと思って見て下さい。

 

f:id:machigaeta:20180212202049j:plain

カレーの出汁が絡んだ麺が・・・

 

f:id:machigaeta:20180212202058j:plain

落ちて、

 

f:id:machigaeta:20180212202107j:plain

汁が跳ねて、

これまで

何枚ものワイシャツが失われました。

 

私は、服を汚す汁が、ほぼ丼の

水面から跳ねていることに、ある日ようやく気がつきました。

f:id:machigaeta:20180212202116j:plain

ごらんのように、麺を引き上げた所から、

カレー汁は同心円状に飛び散るのです。(多分)

 

そこで、

f:id:machigaeta:20180212202124j:plain

レンゲです。

 

これで、下の絵のように、カレー汁の飛沫を、発生源でくい止めるのです。

f:id:machigaeta:20180212202138j:plain

(急に絵が白黒になったのは、力尽きたからです。)

跳ねたカレー汁は、直後にレンゲにあたって止まります。

服は汚れません。

この方法に気づいてから、カレー色のうどん生活です。

 

ただ、この方法では、自分の方向の飛沫しか防げません。

お連れ様や、相席の方の被害は防げません。

 

アウトレイジ系の方と相席になった時、

ライフハックを試みるべきできないことは言うまでもありません。

 

f:id:machigaeta:20180212202145j:plain

 

自己責任でお試し下さいませ。

それでは、また。

来年が良い年でありますように。

このブログを本格的に書き始めて3ヶ月

読んでくださる方々のおかげで、

何とか閉鎖することなく年を越せます。

ありがとうございます。

 

私ごとですが、年明けは少し慌ただしくなる予定で、

更新がかなりおろそかになると思われます。

2017年内に完成予定の仕事が無事、年をまたぐためです。

やらなければならない。と思うだけで、時間を過ごしていることにも自覚的でした。

 

まず1月中にそれを片づけます。

2018年は計画的に生きるのです。

 

そのためにスケジュールをたくさん書き込める

大きなカレンダーも買うつもりでした(←)

 

というわけで、今週のお題 2018年の抱負は

生きる です。

 

来年もよろしくお願いします。

ですが少しの間、不在になります。

f:id:machigaeta:20171231210308j:plain

 ↑男子トイレ利用者にしかわからない。

登るクリスマス

のぼるサンタクロース。

f:id:machigaeta:20171224203652j:plain

 

 

のぼるさん 41歳 

春まだ遠し 宅浪す。

 

 

 

 

f:id:machigaeta:20171224203754j:plain

 おっサンタクロース

始めに言葉ありき

f:id:machigaeta:20171216203413j:plain

f:id:machigaeta:20171216203413j:plain

 

「光あれ」

 

 

f:id:machigaeta:20171216211400j:plain

三四郎

 

 

バチボコつまんねぇじゃねえか

広島の空

広島に旅した時のこと。 

f:id:machigaeta:20171206224930j:plain

安芸の宮島 厳島神社の参道には 

にわか雨の跡か 水たまりがあり 

青空が映っていた 

f:id:machigaeta:20171206225148j:plain

f:id:machigaeta:20171206225258j:plain

f:id:machigaeta:20171206225615j:plain

f:id:machigaeta:20171206225625j:plain

f:id:machigaeta:20171206225641j:plain

波紋ができた

 

前に鹿がいた

f:id:machigaeta:20171206225704j:plain

 

f:id:machigaeta:20171206225733j:plain

 

 上を向いて歩こう。 

 

f:id:machigaeta:20171206232030j:plain

なお、お食事中には読まないでください。

湖の奇跡2

f:id:machigaeta:20171204000250j:plain

ブラック・スワンは空気を読むことにのみ長けている。

 

 

 

下の記事はお気を悪くされる方もおられるかも知れません。

genjitsutouhisha.hatenablog.com